TOP

自分の感じた東京の風俗の良さは、体験談を読むと少しは分かりますよ。

風俗は自分の欲望を叶える場所

風俗がどんな場所なのかって言ったら、十人十色というか、それこそ人それぞれ異なるものだと思うんですけど、自分にとっては風俗は自分の欲望を満たす場所というか、叶える場所ですよね。なので自分にとって浅草の風俗は聖地みたいなものなんですよ(笑)性欲っていうのは本当に厄介で、溜まりすぎると自分自身でもなかなかコントロール出来なくなってくるじゃないですか。でもある程度溜まっていた方が発散した時の満足感が高い。だからこそ自分の性欲とはこまめに向き合わなければならないものだと思うんですけど、ただ性欲をどうやって叶えるのかって話ですよね。簡単に発散出来るケースもあれば、なかなか発散できないケースもあるじゃないですか。特に溜まりすぎるとオナニー程度では消化することが出来なくなってくるだけに風俗の出番がやってくるんですよね。むしろ性欲そのものが溜まりすぎてしまっているような時にはもはや浅草の風俗に行く以外の方法そのものがないんじゃないかなって思うんですよね。だからこそ、風俗は大切なんです。

やはり風俗で鍵を握るのは…

風俗で鍵を握るのは女の子選びよりも、女の子との会話だなって改めて実感しましたね。その日の風俗の相手はRちゃん。彼女はかなりのポテンシャルのある女の子だったんですよ。でも彼女との時間で大満足した理由はそうじゃないんです。大満足した理由は彼女とのコミュニケーションだったんですよね。彼女とホテルの外で待ち合わせしてから実際にホテルでプレイするまでは15分くらいですかね。ここでたくさん喋れたんですよ。別に意味なんてないんです。本当に他愛のないことというか、天気がどうとか好きな食べ物がどうとか。その程度の話でしかないんですけど、でもそれがとっても楽しかったんですよね。その点を物凄く覚えているんですよ。そのおかげで浅草にあるホテルに入る頃にはある程度コミュニケーションが出来ていたのでベッドの上でも相手を信頼して楽しめたんじゃないかなと。だから女の子には心を開く。それこそが風俗では大切なことなんだよなって実感させられましたね。

マシュマロボディを楽しんだんです

色白でとても綺麗で弾力よりも柔らかい。そんなマシュマロボディのS嬢と浅草の風俗で楽しんできました。彼女、髪の毛も銀色というかアッシュで本当に何かのキャラクターなんじゃないかって思えるような綺麗さ。風俗嬢ではなく妖精ですって自己紹介されても彼女であれば信じてしまうんじゃないかなって程のルックスだったんですけど、彼女はルックスに甘えたプレイをするでもなく、こちらのために真摯に楽しませてくれました。彼女のフェラは立体的というか、あのルックスの女の子が舐めてくれるとあって本当に非日常感がありました。きっと普通に生活を送っているだけではこれだけの美人からフェラされるようなこともないだろうなと思いつつ、気持ち良すぎたので予告せずに彼女のお口の中で果ててしまったんです。さすがに予告なしは申し訳ないなと思って謝ったんですが、その時も笑顔を見せてくれたんですよね。ルックス、仕草、性格。全ての面で大当たりの風俗嬢だったなって思いますね。

嫉妬深いのが心地良い

物凄く記憶力の良いRちゃんと遊んできました。彼女、何度か遊んだことはあるんですけど、それは彼女がいるBっていう浅草にあるお店の常連なんですね、自分が。だからお店に行ってその時の気分で遊ぶ女の子を決めているんです。それで彼女の時もあれば、違う女の子を選ぶ時もあります。風俗はそこら辺は自由ですしね。だから決して彼女だけって訳ではないんですけど、前回彼女と楽しんだ時、「浮気したでしょ」って聞かれたんですよ。まさか自分のことをしっかりと覚えているだけではなく、前回自分が違う女の子と楽しんだことまで覚えてくれているのかって思ったら感動さえ覚えましたね。きっと現実でそんな嫉妬をされたら面倒って思っちゃうかもしれないんですけど、風俗での嫉妬は自分が必要とされているみたいでなかなかいいものだなと。それに何だかモテ男になってような気持ちにもなれました。まさか自分が…って思いますけど、色々な意味で風俗は夢をみさせてくれますね。

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ